湧水が海へ直接落ち珍しい滝『フレペの滝』 別名「乙女の涙」とも呼ばれる繊細な滝

※本サイトはプロモーションが含まれています

北海道

こんにちは、てくとらです。

今日は、 北海道の知床にある「フレペの滝」を紹介します。

フレペの滝とはどんな滝なのか?歩いて行ける場所なんか?駐車場はあるのか?などなど

実際に行ってみたので、感想とともに写真付きで紹介します。

\ガイド付きのツアー予約はこちら/

フレペの滝とは?

高さ約100mある断崖の割れ目から、湧水が海へ直接れ落ちる珍しい滝。

水量が少なく、その繊細な姿から別名「乙女の涙」とも呼ばれています。

フレペの滝への行き方・時間

知床自然センター

知床自然センターの駐車場に停めて、歩いて行くことができます。

駐車場は広く、停めやすいです。

フレペの滝への地図

フレペの滝へ向かう道 目印

上の写真の建物しれとこ100平方メートル運動ハウス」が目印です。

最初は、この建物を目指して歩いてみてください。

ヒグマの情報

ヒグマの出没情報が書かれています。

目撃されると封鎖されることもあります。

注意事項も書かれていますので、フレペの滝へ向かう前に確認しましょう。

フレペの滝へ行く注意点

  • 野生動物に近づきすぎない
  • 野生動物にエサをあげない
  • ごみは持ち帰る
  • ヒグマに合わないために、声や音を出す
  • ヒグマと出会ってしまったら、騒がない、走らない、ゆっくりと引き返す

などなど注意することがありますので、事前に確認するようにしてください。

\ガイド付きのツアー予約はこちら/

フレペの滝へ向かう道

このような砂利が敷かれている道や、土の道を歩いてフレペの滝へと向かいます。

木が日陰を作ってくれていたので、直射日光が当たると暑い夏でも、少し涼しく感じました。

看板

ところどころに看板が設置されているので、その方向に向かいます。

迷うことはよっぽどないかと思います。

フレペの滝への道

このように開けた道になっていきます。

開けた道になったらもう少しです。

フレペの滝 展望台

展望台が見えるようになってきます。

手前の道、展望台には椅子もありますので、休憩が出来ます。

展望台からの景色

こちらの展望台から見ると、素敵な風景を見ることができます。

海と滝と山と空。最高の景色です。

景色に癒されて、みなさん展望台からなかなか帰らない様子でした。

滝をズームして撮ってみました。

写真では分かりづらいですが、滝のしぶきで虹が出来ていました。

鳥の鳴き声なども聞こえて、とっても癒されました。

灯台もみえました。

道が封鎖されていましたので、
歩いて見に行くことはできません。

船もみることができました。

知床自然センター

MEGAスクリーン「KINETOKO」

幅20m×高さ12mという、北海道屈指の巨大スクリーン。

そこに投影されるのは、4K映像。

そして、全身に降り注ぐようなサウンド。

知床の自然をより深く知ることができるオリジナル映像作品『知床の冒険』『THE LIMIT』

知床を存分に味わうことができるでしょう。

料金

大人 600円
小人(15歳以下) 300円

※15名以上 団体割引あり

THE NORTH FACE/HELLEY HANSEN知床店

アウトドア商品が売っています。

知床限定の物もあります。

BARISTART COFFEE SHIRETOKO

ミルクにフォーカスしたコーヒースタンドとして札幌にオープンしたバリスタートコーヒー。ラテがおすすめです。

食事やスイーツ、ドリンクを楽しむことができます。

レンタル

長靴

1日 550円

アクアシューズ

1日 1100円

その他

双眼鏡、ポール、クマスプレーなどレンタルできます。

知床マップ

知床の地図が、動物付きでかわいらしくなっています。

記念撮影

大きなクマさん、きつねなど、動物のぬいぐるみと記念撮影しましょう。

スタンプ

知床自然センター限定のスタンプ。思い出に残るので、手帳などに押していきましょう。

ヒグマってどんな動物?

実は、ヒグマは、怖がりで人を避ける動物。

なので、人間がいることをアピールする必要があるのです。

ヒグマと出会わないことが一番大切ですが、もし出会ってしまったら、慌てずに行動すること。

食べ物の執着が強く、鼻がとても効くので、食べ物を持っていると寄ってくるため、食べ物はもっていかない。

逃げるものを追いかける性質があるため、走って逃げようとしない。

状況によって、対処法は異なりますので、これがいいということはありません。

しかし、ヒグマがどんな動物なのかを知っていることで、未然に防げることも出てきます。

事前の知識が大切です。

ヒグマの背こすり木

ヒグマが実際に使った木で、超貴重なもの。

写真では伝わりにくいかと思いますが、木の表面を見てみると、松ヤニにクマの毛がこびりついているのです。

知床自然センターに行く方は、ぜひ見てみてください。

営業時間

夏 期 :  4月20日~10月20日 8:00~17:30
冬 期 :  10月21日~4月19日 9:00~16:00
休館日 :  年末年始・12月毎週水曜日

入場料

無料

服装&持ち物

フレペの滝への遊歩道は整備されているので、歩きやすいです。
とはいえ、自然の中を歩きますので、砂利があったり、木の根がでていたりしますので、歩きやすい靴の方がおすすめです。

木陰もありますが、日当を歩きますので、日焼け対策はしてください。

夏に行く方は、必ず飲み物を持って行ってください。
自販機はありませんので、知床自然センターに戻るまで、水分補給することができなくなってしまいます。

周辺スポット

知床五湖

知床の美しい自然景観や豊かな生態系を体感したい方!『知床五湖』を歩いてみませんか?
今回は、北海道 知床にある「知床五湖」についてです。知床を観光したいけど、どうやって廻ったらいいの?と思われている方が多いと思います。知床は、船に乗って海沿いを見るか、歩いて湖などの自然を体験するかの二択になります。知床五湖を歩いて廻ったからこそわかる、おすすめポイント、正直な感想を写真付きで紹介します。

博物館 網走監獄

知床で宿泊するなら「北こぶし知床 ホテル&リゾート」

テレビ番組「充電旅」で出川哲郎さん、「旅サラダ」で小池徹平さんも訪れたことのあるホテル

オホーツク海を望むリゾートホテル 通年展示されている流氷を見にいきませんか?『北こぶし知床 ホテル&リゾート』
『北こぶし知床 ホテル&リゾート』に宿泊しました。出川哲郎さんも宿泊したことのあるホテル。こちらのホテルでは、思い出がたくさん作れます。未来の自分、友達、家族、自分が書きたい相手へ手紙を書き、届けてもらうことが出来る未来郵便局。大浴場からもオホーツク海を望むことが出来る絶景。フリーオーダスタイルの食事。実際に泊まったからこそわかる、おすすめポイント、正直な感想を写真付きでお伝えします。

ポイント還元と
\セットプランでお得に/

毎日20日から10日間は
\じゃらんがお得/

ポイント即時利用で
\お得に/

所要時間

35分~1時間30分

フレペの滝へ行くだけなら、展望台で休憩もして、35分くらいで往復することができます。

知床自然センターの中を見るだけであれば、フレペの滝と合わせても1時間~1時間10分くらいあればいいかなと思います。

アクセス

車の場合

【知床自然センター】
〒099-4356
北海道斜里郡斜里町遠音別村531
TEL:0152-24-2114

駐車場

あり 無料

おわりに

いかがでしたか?
海と空と森、そして滝、心落ち着かせてくれる風景です。

知床の大自然で日常の疲れを吹っ飛ばしてみませんか。

気になった方は、ぜひ足を運んでみてください。

\ガイド付きのツアー予約はこちら/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました